橋本 進吉   (1882-1945)

Wikipedia「橋本進吉

「青空文庫」より

橋本 進吉(はしもと しんきち、1882年12月24日 - 1945年1月30日)は、日本の言語学者・国語学者。 日本語の音韻史の研究で知られる。 また、「文節」を重要視し、学界だけではなく教育界にも大きな影響を与えた。 その文法体系である橋本文法は、いわゆる日本語の四大文法のうちでも大きな位置を占め、現代日本語文法においても重要である。 また学校文法への影響も大きい。 岩波書店で「橋本進吉著作集 (全12巻)」が出版されている。 岩波文庫に「古代国語の音韻に就いて ほか」(弟子の大野晋が解説)がある。 [来歴・人物] 福井県敦賀市に医師の長男として生まれる。 京都府第一中学校(現洛北高校)...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハシモト シンキチ
人物別名 橋本進吉
生年 1882年
没年 1945年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
琉球戯曲辞典 伊波普猷 著 榕樹社
1992.11
南京遺文・南京遺芳 佐佐木信綱 ほか編 八木書店
1987.6
橋本進吉博士著作集 橋本進吉著 岩波書店
1983.3
キリシタン教義の研究 橋本進吉著 岩波書店
1983.6
1592年天草版ドチリイナキリシタン : 原本寫眞複製 橋本進吉著 岩波書店
1983.6
古代国語の音韻に就いて 橋本進吉 著 岩波書店
1980.6
橋本進吉博士著作集 - 岩波書店
1972
万葉集叢書 下河邊長流著 ; 武田祐吉校訂 ; 橋本進吉解説 臨川書店
1972
傳記・典籍研究 橋本進吉著 岩波書店
1972.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想