十返 肇   (1914-1963)

Wikipedia「十返肇

「青空文庫」より

十返 肇(とがえり はじめ、1914年(大正3年)3月25日 - 1963年(昭和38年)8月28日)は、香川県出身の文芸評論家。 本名は十返 一(とがえり はじめ)。 高松市生まれ。 高松中学校を経て、1935年(昭和10年)日本大学芸術科卒業。 東京市麹町区土手三番町に下宿していたとき、近所の吉行エイスケに師事。 戦後、丹羽文雄に勧められて十返肇という筆名を名乗る。 舌癌で死去。 妻で随筆家の十返千鶴子は挿絵画家の風間完の妹。 [著書] 『意志と情熱』 通文閣、1941年 『時代の作家』 明石書房、1941年 『文学の生命』 肇書房、1943年 『作家の世界』 明石書房、1944年 『...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ トガエリ ハジメ
人物別名 十返肇

十返, 一
生年 1914年
没年 1963年
職業・経歴等 文芸評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「文壇」の崩壊 十返肇 [著] ; 坪内祐三 編 講談社
2016.4
昭和文学よもやま話 : 十返肇著作集より 十返肇 著 ; 吉行淳之介 編 潮出版社
1980.5
十返肇著作集 - 講談社
1969
実感的文学論 十返肇 著 河出書房新社
1963
文壇放浪記 十返肇 著 角川書店
1962
禁猟区 丹羽文雄 著 新潮社
1962
けちん坊 十返肇 著 文芸春秋新社
1962
平林たい子集 平林たい子著 ; 十返肇編 新潮社
1962.9
日本文学全集 林芙美子著 ; 十返肇編 新潮社
1961
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想