千葉 康則   (1925-2004)

千葉 康則(ちば やすのり、1925年 - 2004年12月16日)は、日本の脳生理学者、医師。 法政大学名誉教授。 [略歴] 東京府(現墨田区)生まれ。 京都大学医学部卒。 1956年医学博士。 学位論文の題は 「ヒキガエルの膀胱の神經支配 」。 京都大学医学部助手、山口県立医科大学(現山口大学医学部)助教授、法政大学教養部教授、1996年定年、名誉教授。 2003年瑞宝中綬章叙勲。 知能研究所所長。 日本生理学会、日本健康科学学会、たばこ問題を考える会会員。 専攻は脳生理学、行動科学。 [著書] 『科学からみた人間 脳を中心とした生理学』法政大学出版局 1962 『脳科学入門 ひとの心...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ チバ ヤスノリ
人物別名 千葉康則
生年 1925年
没年 2004年
職業・経歴等 医師

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
「忘れる脳」の構造改革 千葉康則 著 小学館
2004.9
なぜあの人は頭がよくはたらくのか : やわらか思考で生活が変わる 千葉康則 著 双葉社
2001.6
泣いている脳から笑う脳へ 千葉康則 著 潮文社
2000.2
ヒトはなぜ夢を見るのか : 脳の不思議がわかる本 千葉康則 著 PHP研究所
1998.2
人生は「失敗」から始まる : 「ヤル気」と「生きがい」の脳科学 千葉康則 著 PHP研究所
1996.1
脳と人間と社会 千葉康則 著 法政大学出版局
1996.7
子どもの全脳開発 千葉康則 [ほか]著 ニライ社
1996.9
才能を伸ばす人、つぶす人 : あなたの限界を打ち破るノウハウ 千葉康則 著 PHP研究所
1995.2
脳を丈夫にする : 油断するとすぐ衰える 千葉康則監修 マガジンハウス
1995.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想