寺本 英   (1925-1996)

寺本 英(てらもと えい、1925年2月15日 - 1996年2月7日)は日本の生物物理学者。 日本の数理生物学の実質創始者。 本人は生物物理学を称する。 島根県出身。 1965年、京都大学教授。 1967年、生物物理学会会長。 京都大学退官後、龍谷大学の教授を務め、在職中に70歳で死去。 [人物] 物理学から数理生物学の開拓に乗り出したように、広く興味を広げ、多くの弟子を育てる。 固定観念にとらわれない点は、研究室が畳の部屋になっていたことにも現れていた。 獅子のような顔をした、でも優しい人物で、晩年の本に、自らの京都の風景のスケッチを載せている。 湯川秀樹との対談中、湯川が生物理学はどう...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ テラモト エイ
人物別名 寺本英
生年 1925年
没年 1996年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
現代物理学の基礎 大沢文夫 ほか 編 ; 湯川秀樹 監修 岩波書店
2012.2
数理生態学 寺本英 著 ; 川崎広吉 ほか編 朝倉書店
1997.2
大進化 : 適応と種分化のダイナミクス N.エルドリッジ 著 ; 高木浩一 訳 マグロウヒル
1992.3
ランダムな現象の数学 寺本英 著 吉岡書店
1990.9
生物学におけるランダムウォーク ハワード・C.バーグ 著 ; 寺本英, 佐藤俊輔 訳 法政大学出版局
1989.3
社会学の数学モデル W.ワイドリッヒ, G.ハーグ 著 ; 寺本英 [ほか]訳 東海大学出版会
1986.4
無限・カオス・ゆらぎ : 物理と数学のはざまから 寺本英 ほか共著 培風館
1985.2
進化とゲーム理論 : 闘争の論理 J.メイナード=スミス 著 ; 寺本英, 梯正之 訳 産業図書
1985.7
生命科学シティー・セミナー 寺本英ほか共著 培風館
1985.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想