橋本 公亘   (1919-1998)

橋本 公亘(はしもと きみのぶ、1919年7月9日 - 1998年2月6日)は、日本の法学者。 1990年まで中央大学法学部教授(法学部長等を歴任)。 専攻は憲法、行政法。 中央大出身者としての初の日本学士院会員(1992年12月14日から)。 1962年から1964年まで第一次臨時行政調査会の臨時委員を務めた。 門下に長尾一紘(中央大学法学部教授)等。 [行政手続法] 1993年(平成5年)に公布(1994年(平成6年)施行)された行政手続法の原案となった橋本草案を1964年(昭和39年)に第一次臨時行政調査会に提示した。 行政手続法第1条第1項は、行政運営における透明性とは、行政上の意思...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハシモト キミノブ
人物別名 橋本公亘
生年 1919年
没年 1998年
職業・経歴等 法学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
公法の解釈 橋本公亘著 有斐閣
2012.12
国政と人権 橋本公亘 著 有斐閣
1989.5
日本国憲法 橋本公亘 著 有斐閣
1988.4
公法の解釈 橋本公亘 著 有斐閣
1987.2
日本国憲法の理論 芦部信喜 [ほか]編 有斐閣
1986.1
日本国憲法 橋本公亘 著 有斐閣
1980.4
アメリカ憲法の現代的展開 芦部信喜 ほか編 東京大学出版会
1978.7
文献選集日本国憲法 有倉遼吉, 長谷川正安 編集代表 三省堂
1977.5
憲法 橋本公亘 著 青林書院新社
1976
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想