巽 博一   (1913-1998)

巽 博一(たつみ ひろかず、1913年 - )は、ケインズ経済学を中心に研究した経済学者。 [略歴] 1913年 - 生まれる。 1936年 - 1年生のとき中山伊知郎のプロゼミで『雇用・利子および貨幣の一般理論』を読む。 1939年 - 東京商科大学(現一橋大学)本科卒。 1939年 - 三菱経済研究所所員(2年ほど)。 軍隊生活で中国に行き、その後、終戦。 1946年 - 中国より鹿児島に上陸して復員。 1949年 - 成蹊大学助教授。 1953年 - 同教授。 1982年 - 同名誉教授。 [研究] 当時、日本では貨幣的経済理論に関する本がかなり出版されていた。 鬼頭先生の『貨幣と利...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タツミ ヒロカズ
人物別名 巽博一
生年 1913年
没年 1998年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
国際通貨制度改革の問題点 統計研究会[国際経済研究部会編] 統計研究会
1967.3はしがき
統合過程におけるEECの通貨問題の問題点 統計研究会[国際経済研究部会編] 統計研究会
1966.11はしがき
財政学 U.K.ヒックス 著 ; 巽博一, 肥後和夫 共訳 東洋経済新報社
1962
低開発国における企業者職能 統計研究会経済構造研究部会[編] 統計研究会
[1962.1]
北海道開発の国民経済的意義 北海道開発庁編 北海道開発庁
1960
北海道開発論 : 国民経済的観点からみた分析 中山伊知郎編 東洋経済新報社
1960.6
価格理論 久武雅夫, 巽博一 著 春秋社
1959
ケインズ動学入門 K.クリハラ 著 ; 巽博一 訳 東京創元社
1958
新中國經濟建設の構想と問題点 統計研究會 [編] 統計研究会
[1956.1文頭]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想