立間 祥介   (1928-2014)

立間 祥介(たつま しょうすけ、1928年3月22日 -2014年6月2日)は、中国文学者。 東京生まれ。 本名読み・よしすけ。 [活動] 1948年に善隣外事専門学校卒業。 慶應義塾大学教授を経て名誉教授。 浜松大学教授も務めた。 戦後当初は、竹内好などの新中国文学研究運動に参加するが、古典白話小説から近代文学まで中国散文作品を幅広く翻訳・紹介を行った。 1982年のNHKテレビでの人形劇『三国志』で邦訳原作となり、後に文庫再刊されるなど『三国志』研究大家の一人であり、諸葛孔明等の評伝論考も多数著した。 2014年6月2日午前2時6分、肺癌のため東京都武蔵野市の病院で死去。 86歳没。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タツマ ショウスケ
人物別名 立間祥介
生年 1928年
没年 2014年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
三国志演義 羅貫中 [著] ; 立間祥介訳 Kadokawa
2019.5-
寒い夜 巴金 作 ; 立間祥介 訳 岩波書店
2016.3
全相三国志平話 立間祥介 訳 潮出版社
2011.3
聊斎志異 蒲松齢 作 ; 立間祥介 編訳 岩波書店
2010.4
聊斎志異 蒲松齢 作 ; 立間祥介 編訳 岩波書店
2010.4
横山光輝「三国志」大研究 横山光輝「三国志」研究会 編 ; 立間祥介 監修 潮出版社
2010.8
駱駝祥子 : らくだのシアンツ 老 舎【作】;立間 祥介【訳】 岩波書店
2009.5.15
知識ゼロからの三国志入門 立間祥介 著 ; 横山光輝 画 幻冬舎
2009.10
三国志戦略クロニクル 立間祥介 著 世界文化社
2006.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想