立木 洋   (1931-)

立木 洋(たちき ひろし、1931年3月11日 - )は日本の政治家。 元参議院議員(日本共産党公認、5期)。 日本共産党中央委員会副議長などを経て、現在は同党名誉役員。 [来歴] 日本統治下の旧朝鮮新義州出身。 中国の東北人民大学を卒業後、1959年に内地に引き揚げる。 その後高知県内の家電メーカーに勤めながら共産党に入党、1964年からは党本部にて勤務。 1974年の参院選に初当選以来、参院議員を5期連続で務めるも、2000年12月に体調不良のため引退を表明。 議員時代は党国際部長や副議長などを歴任、細川、村山両政権下で農産物の輸入自由化問題が浮上した際には、国内農業を保護する立場から反...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タチキ ヒロシ
人物別名 立木洋
生年 1931年
没年 -
職業・経歴等 引揚者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
非核の世界か核の独占か : 核不拡散条約体制と核兵器廃絶の課題 立木洋 著 新日本出版社
1994.11
世界政治の岐路と平和の選択 立木洋 著 新日本出版社
1990.12
日中両党関係の歴史と現実 : 1985年の両党会談をふりかえって 立木洋 著 日本共産党中央委員会出版局
1988.2
現代の資本主義・帝国主義をどうみるか : ソ連の月刊誌『国際生活』への回答 立木洋 著 日本共産党中央委員会出版局
1988.4
国際政治と民族自決権 立木洋 著 新日本出版社
1986.4
中国・ベトナム・カンボジア 立木洋 著 日中
1980.1
非同盟・中立 岡倉古志郎, 土生長穂, 立木洋 著 新日本出版社
1977.11
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想