谷川 稔   (1946-)

谷川 稔(たにがわ みのる、1946年12月 - )は、日本の歴史学者。 専門は、フランス近代史。 京都の近代社会史研究会を拠点にした、社会史研究第二世代の担い手の一人。 [来歴] 京都府生まれ。 1965年府立洛北高校卒業。 1970年京都大学文学部史学科卒業、1975年京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。 1976年10月から、大阪産業大学専任講師・助教授、奈良教育大学助教授、奈良女子大学教授、同大学院教授などをへて、1998年京都大学大学院文学研究科教授。 2005年3月31日、頸髄損傷後遺症などのため、京都大学教授を辞職。 以後、在野の歴史家となる。 長男谷川穣は京都大...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タニガワ ミノル
人物別名 谷川稔
生年 1946年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
越境する歴史家たちへ : 「近代社会史研究会」(1985-2018)からのオマージュ 谷川稔 [ほか] 編著 ミネルヴァ書房
2019.6
十字架と三色旗 谷川稔 著 岩波書店
2015.5
歴史として、記憶として : 「社会運動史」1970~1985 喜安朗, 北原敦, 岡本充弘, 谷川稔 編 御茶の水書房
2013.5
世界の歴史 樺山紘一, 礪波護, 山内昌之 編 中央公論新社
2009.3
近代フランスの歴史 : 国民国家形成の彼方に 谷川稔, 渡辺和行 編著 ミネルヴァ書房
2006.2
記憶の場 : フランス国民意識の文化=社会史 ピエール・ノラ 編 ; 谷川稔 監訳 岩波書店
2003.1
記憶の場 : フランス国民意識の文化=社会史 ピエール・ノラ 編 ; 谷川稔 監訳 岩波書店
2003.3
規範としての文化 : 文化統合の近代史 谷川稔 他著 ミネルヴァ書房
2003.7
歴史としてのヨーロッパ・アイデンティティ 谷川稔 編 山川出版社
2003.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想