橋井 真   (1902-1977)

橋井真(はしい まこと 1902年3月18日~1977年11月11日)は、日本の官僚。 [来歴・人物] 海軍中将であった川島令次郎の三男として生まれる。 東京府立一中、一高を経て、昭和2年3月、東京帝国大学法学部政治学科卒。 4月に商工省に勤務、11月高等文官試験行政科に合格した。 昭和10年5月、内閣調査局調査官となり、以後、調査局→企画庁→企画院と、企画院のその改変・拡大時に植村甲午郎、黒田鴻伍のもとで勤務、いわば「革新官僚」、あるいは「経済新体制」組の一人である。 昭和12年12月には、商工省に戻り、機械局一般機械課長・総務課長などを経て、昭和16年1月には総務局に移動、5月、中華民国...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハシイ マコト
人物別名 橋井真
生年 1902年
没年 1977年
職業・経歴等 経産官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
詳解会社経理統制令 橋井勇, 小佐田忠男 著 高山書院
昭和16
工場経営改善資料 - 東京工場懇話会
1941
工作機械と自動車統制 橋井真 著 商工行政社
1940
機械の需給統制 橋井真 著 商工行政社
1940
時局対策電気普及懇談会講演 森秀, 橋井真 [述] 電気普及会
昭和14
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
生産力の拡充 橋井 真
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想