田中 英光   (1913-1949)

東京市赤坂区榎坂町生まれ。早稲田大学在学中、第10回オリンピックにボートの日本代表として参加。その時に『オリンポスの果実』に登場する「熊本秋子」のモデルとなった走り高跳び選手の相良八重と知り合う。在学中に友人たちと始めた同人誌「非望」に『急行列車』、『空吹く風』を発表。『空吹く風』は太宰治に好意的に批評される。1940(昭和15)年、「文学界」に『オリンポスの果実』を発表。1948(昭和23)年5月、「芸術」に『地下室から』を発表するが、翌月の太宰治自殺に大きな衝撃を受け、睡眠薬に溺れていく。1949(昭和24)年11月3日、三鷹禅林寺の太宰治の墓前で自殺。翌月遺稿集『さよなら』、『酔いどれ船』が刊行された。Wikipedia「田中英光

「青空文庫」より

田中 英光(たなか ひでみつ、1913年(大正2年)1月10日 - 1949年(昭和24年)11月3日)は、日本の作家。 無頼派として知られる。 出方名 英光(でかたな ひでみつ)という筆名もあるが、これは身長180センチの巨体だったところから「でかい田中」と呼ばれていたのを縮めた名前である。 [人物] 高知県出身の歴史家岩崎鏡川(英重)の息子として東京府東京市赤坂区榎坂町(現・東京都港区赤坂)に生まれ、岩崎家から母の実家田中家に入籍。 鎌倉市に育つ。 神奈川県立湘南中学(現神奈川県立湘南高等学校)、早稲田高等学院、早稲田大学政治経済学部卒業。 大学在学中にロサンゼルスオリンピックの漕艇選...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タナカ ヒデミツ
人物別名 田中英光
生年 1913年
没年 1949年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
横浜 八木澤高明 編 皓星社
2017.6
空吹く風/暗黒天使と小悪魔/愛と憎しみの傷に 田中英光 [著] ; 道籏泰三 編 講談社
2017.7
田中英光傑作選 田中英光 [著] ; 西村賢太 編 Kadokawa
2015.11
太宰治の人生 : あまりに人間的なその姿 しみじみ朗読文庫編 響林社
2013.2
日本現代文学選 田中英光, 武田麟太郎 著 フロンティアニセン
2005.5(第2刷)
朝鮮国民文学集 朝鮮文人協会 編 ゆまに書房
2000.9
高知県昭和期小説名作集 - 高知新聞社
1995.5
田中英光 - 高知新聞企業
高知新聞社
1995.5
師太宰治 田中英光 著 津軽書房
1994.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想