葉室 麟   (1951-2017)

葉室 麟(はむろ りん、1951年1月25日 - )は、日本の小説家。 福岡県北九州市小倉出身。 [概要] 福岡県立明善高等学校卒業。 西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。 地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた「乾山晩愁」がで第29回歴史文学賞を受賞。 2005年に出版された「乾山晩愁」(新人物往来社)には歴史文学賞受賞作のほか「永徳翔天」「等伯慕影」「雪信花匂」「一蝶幻景」を収録。 50歳から創作活動に入って4年で文壇デビューした。 2007年には第14回松本清張賞に「銀漢の賦」が選ばれる。 「銀漢の賦...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ハムロ リン
人物別名 葉室麟

本畑, 雄士
生年 1951年
没年 2017年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
古都再見 葉室麟著 新潮社
2020.3
嵯峨野花譜 葉室麟著 文芸春秋
2020.4
暁天の星 葉室麟著 PHP研究所
2019.6
辛夷の花 葉室麟著 徳間書店
2019.2
星と龍 葉室麟著 朝日新聞
2019.11
津軽双花 葉室麟 [著] 講談社
2019.12
玄鳥さりて 葉室麟 著 新潮社
2018.1
河のほとりで 葉室麟 著 文芸春秋
2018.2
雨と詩人と落花と 葉室 麟【著】 徳間書店
2018.3.31
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想