田宮 博   (1903-1984)

田宮 博(たみや ひろし、1903年(明治36)1月5日 - 1984年(昭和59)3月20日)は、理学、植物博士。 微生物学者。 大阪市出身。 医学者の田宮猛雄の弟。 [略歴] 1926年(大正15)東京帝国大学(理学部植物学教室)卒。 1943年(昭和18)東京帝大教授(理学・植物学) 1946年(昭和21)財団法人徳川生物学研究所所長に就任。 1955年(昭和30)東京大学応用微生物研究所教授。 1961年(昭和36)東京大学応用微生物研究所所長。 1963年(昭和38)「光合成微生物クロレラの研究」により藤原賞受賞。 1965年(昭和40)「同調培養によるクロレラの生理ならびに生化学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タミヤ ヒロシ
人物別名 田宮博
生年 1903年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
田宮博先生著作選集 田宮博著 ; 長谷栄二〔ほか〕編 田宮博先生著作選集刊行会
1990.12
藻類実験法 田宮博, 渡辺篤 編 南江堂
1965
現代生物学講座 芦田譲治 等編 共立
1958
現代生物学講座 芦田譲治 等編 共立
1958
現代生物学講座 芦田譲治 等編 共立
1958
進化と生命の起原 - 共立
1958.6
酵素化学の進歩 赤堀四郎, 田宮博 編 共立
1956
生體内反應論 - 岩波書店
1956
酵素化学の進歩 赤堀四郎, 田宮博 編 共立
1955
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想