玉木 愛子   (1887-1969)

玉木愛子(たまきあいこ、1887年 - 1969年)。 ハンセン病に罹患、熊本の回春病院に入院、後国立療養所長島愛生園に転園した。 脚の切断、失明にも関わらず、俳句に精進した。 [略歴] 1887年12月28日。 大阪・島の内の材木問屋に生まれる。 後に妹、弟が生まれる。 家庭は裕福で、幼い頃より、踊り、琴、三味線を習う。 1892年らいの兆候が出現するも進行が遅く目立たなかった。 1899年、女学校の検診でらいを宣告され、退学。 人目をさけて自宅での療養生活に入る。 1919年 妹、弟たちの結婚の支障になるのを恐れ、熊本のハンナ・リデルが創立した私立ハンセン病病院の回春病院に進んで入院。 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タマキ アイコ
人物別名 玉木愛子
生年 1887年
没年 1969年
職業・経歴等 俳人

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
この命ある限り 玉木愛子 著 日本図書センター
2000.12
わがいのちわがうた : 絶望から感謝へ 玉木愛子集 玉木愛子 著 新地書房
1986.11
真夜の祈 玉木愛子 著 新地書房
1982.9
天の階 : 句集 玉木愛子 著 玉木玲二
1971
この命ある限り 玉木愛子 著 保健同人社
1955
真夜の祈 玉木愛子著 大浜書店
1954.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想