滝 廉太郎   (1879-1903)

瀧 廉太郎(たき れんたろう、1879年(明治12年)8月24日 - 1903年(明治36年)6月29日)は、日本の音楽家、作曲家。 明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。 [生涯] 1879年(明治12年)8月24日、瀧吉弘の長男として東京市芝区南佐久間町2丁目18番地(現:東京都港区西新橋2丁目)に生まれる。 瀧家は江戸時代、日出藩の家老職をつとめた上級武士の家柄である。 父・吉弘は大蔵省から内務省に転じ、大久保利通や伊藤博文らのもとで内務官僚として勤めた後、地方官として神奈川県や富山県富山市、大分県竹田市等を移り住んだため、瀧も生後間もなくから各地を回ることとなった。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タキ レンタロウ
人物別名 滝廉太郎

瀧, 廉太郎
生年 1879年
没年 1903年
職業・経歴等 作曲家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
Re : 瀧廉太郎作品集 Hirotaka Kino, [テノール] ; Iori Fujiwara, [ピアノ] Toneforest
c2019
日本の詩 -
Denon
日本コロムビア
p2019
うるわしき山田耕筰の世界 北村哲朗, bar. ; 大井美佳, pf. FONTEC
c2019
"Arigatou" - Exton
Octavia Records
c2018
《荒城の月》の主題による変奏曲 山岡耕筰 作曲 音楽之友社
2016.1
こころに響く日本のうた 秋透[ほか] ピアノ編曲 ヤマハミュージックメディア
2016.2
赤とんぼ〈混声版〉 山田耕筰 [作曲] ; 遠枡満 編曲 音楽之友社
2016.3
赤とんぼ〈女声版〉 山田耕筰 [作曲] ; 遠枡満 編曲 音楽之友社
2016.3
この道 : 童謡・唱歌の四季 : リードオルガンとソプラノによる日本の叙情 - 浜松市楽器博物館
2016, c2015
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想