竹内 良夫   (1916-)

竹内良夫(たけうち よしお、1916年 - 1993年)は、日本の文芸評論家。 東京生まれ。 中国哲学者・竹内照夫は兄。 日本大学経済科卒業。 1946年読売新聞社入社、文芸欄担当を10年ほど務め、71年12月退社。 佐藤春夫、檀一雄、田中英光らと交友があり、同人誌『下界』に参加、西村賢太編集『田中英光私研究』第二輯(1994)に追悼特集があり、田中らをモデルにした小説「告別」(1960)もある。 [著書] 『文壇のセンセイたち』学風書院 1957 (中扉は「先生たち」) 『華麗なる生涯 佐藤春夫とその周辺』世界書院 1971 『頽廃の美学 川端康成その耽美な生涯と文学』日芸出版 1972 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケウチ ヨシオ
人物別名 竹内良夫
生年 1916年
没年 -
職業・経歴等 文芸評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
旅の文学手帳 竹内良夫著 恒友
1977.9
巨星渋沢栄一・その高弟大川平三郎 竹内良夫 著 教育企画
1988.3
大きな夢に挑んだ人 : 正力松太郎ものがたり 竹内良夫 著 教育企画
1988.12
政党政治の開拓者・星亨 竹内良夫 著 芙蓉書房
1984.7
春の日の会 : 文壇資料 竹内良夫 著 講談社
1979.4
頽廃の美学 竹内良夫 著 日芸
1972
華麗なる生涯 : 佐藤春夫とその周辺 竹内良夫 著 世界書院
1971
田中英光愛と死と 竹内良夫, 別所直樹 共著 大光社
1967
太宰治の魅力 竹内良夫, 桂英澄, 別所直樹 共著 ; 檀一雄 編 大光社
1966
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想