竹内 栖鳳   (1864-1942)

竹内 栖鳳(たけうち せいほう、1864年12月20日(元治元年11月22日) - 1942年(昭和17年)8月23日)は、戦前の日本画家。 近代日本画の先駆者で、画歴は半世紀に及び、戦前の京都画壇を代表する大家である。 帝室技芸員。 第1回文化勲章受章者。 本名は恒吉。 最初は棲鳳と号した。 霞中庵の号もある。 動物を描けば、その匂いまで描くといわれた達人であった。 [画歴] 京都御池通油小路の川魚料理屋「亀政」の長男として生まれる。 1877年(明治10年)に四条派の土田英林に絵を習い始めるが、1881年(明治14年)の17歳の時に同派の名手として知られた幸野楳嶺の私塾へ正式に入門する。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケウチ セイホウ
人物別名 竹内栖鳳

竹内, 棲鳳
生年 1864年
没年 1942年
職業・経歴等 画家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
竹内栖鳳 : 生誕150年記念 海の見える杜美術館 [ほか] 編集 神戸新聞社
c2014
竹内栖鳳 : 作品と書簡 : 高島屋史料館 高島屋史料館編集 髙島屋史料館
2014.10
竹内栖鳳 竹内栖鳳 [画] ; 海の見える杜美術館, 姫路市立美術館, 碧南市藤井達吉現代美術館, 小杉放菴記念日光美術館, 神戸新聞社 編 神戸新聞社
c2014
髙島屋史料館竹内栖鳳作品と書簡 竹内栖鳳 [作] ; 髙島屋史料館 編 髙島屋史料館
2014.10
竹内栖鳳 竹内栖鳳 [画] ; 平野重光 責任編集 光村推古書院
2013.8
竹内栖鳳展 竹内栖鳳 [画] ; 東京国立近代美術館, 京都市美術館, 日本経済新聞社文化事業部, NHK, NHKプロモーション 編 日本経済新聞社
2013
京都画壇の巨星たち : 文化勲章受章者による日本画 京都府立堂本印象美術館編 京都府立堂本印象美術館
2013.4-2014.10 [序]
竹内栖鳳 : 京都画壇の画家たち : 特別展 : 没後70年 竹内栖鳳 画 ; 山下裕二 監修 ; 山種美術館学芸部 編 山種美術館
2012
日本画きのう京あす : 京都日本画家協会創立70周年記念特別展 京都文化博物館, 京都日本画家協会 編 京都日本画家協会
2011.7
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想