武智 秀夫   (1930-)

武智 秀夫(たけち ひでお、1930年12月24日- )は、形成外科医、医学史家。 愛媛県生まれ。 1954年岡山医科大学医学部卒。 1959年岡山大学大学院医学研究科博士課程修了、「腱の電子顕微鏡的研究」で医学博士。 岡山大学医学部講師、助教授、1987年吉備高原医療リハビリテーションセンター院長。 [著書] 『義肢装具製作教程 装具編 第4巻 (靴及び足底板)』義肢協会編 医歯薬出版 1975 『手足の不自由な人はどう歩んできたか 人権思想の変遷と義肢・装具の進歩』医歯薬出版 1981 『リハビリテーション医療入門』医学書院 2001 『ビルロートの生涯 近代外科のパイオニア 大作曲家...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タケチ ヒデオ
人物別名 武智秀夫
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
軍医森鷗外のドイツ留学 武智秀夫 著 思文閣
2014.6
リハビリテーション医療入門 武智秀夫 著 医学書院
2007.12
ビルロートの生涯 : 近代外科のパイオニア : 大作曲家ブラームスとの交流 武智秀夫 著 考古堂書店
2003.10
リハビリテーション医療入門 武智秀夫 著 医学書院
2001.2
装具 武智秀夫, 明石謙 共著 医学書院
1996.10
義肢装具とリハビリテーションの思想 : 手や足の不自由な人々はどう歩んできたか 武智秀夫 著 「新樹会」創造
1995.11
看護過程に基づくリハビリテーション看護 武智秀夫編集・執筆 医学書院
-
義肢 武智秀夫, 明石謙 著 医学書院
1991.11
手足の不自由な人はどう歩んできたか : 人権思想の変遷と義肢・装具の進歩 武智秀夫 著 医歯薬
1981.9
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想