高崎 隆治   (1925-)

高崎 隆治(たかさき りゅうじ、1925年 - )は、日本の戦争研究家。 神奈川県横浜市生まれ。 法政大学文学部国文科卒。 在学中に学徒兵として召集。 主に戦時下の雑誌ジャーナリズム及び戦争文学をテーマとした執筆・講演活動を続けている。 講談社『昭和萬葉集』では編纂部顧問をつとめた。 1996年、里村欣三研究その他で、人文科学研究協会研究奨励賞を受賞。 創価学会系の人物である。 [著書] 戦争文学通信 風媒社 1975 戦時下の雑誌 その光と影 風媒社 1976.12 ペンと戦争 その屈辱と抵抗 成甲書房 1976.12 戦時下文学の周辺 風媒社 1981.2 文学のなかの朝...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカサキ リュウジ
人物別名 高崎隆治
生年 1925年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
論集現代日本の教育史 辻本雅史 監修 日本図書センター
2014.5
上海狂想曲 高崎隆治 著 文芸春秋
2006.8
新潮社の戦争責任 高崎隆治 著 第三文明社
2003.8
戸田城聖1940年の決断 : 軍国教育との不屈の闘い 高崎隆治 著 第三文明社
2002.2
上海叢書 山下武, 高崎隆治監修 大空社
2002
里村欣三著作集 里村欣三 著 ; 高崎隆治 監修 大空社
1997.3
里村欣三著作集 里村欣三 著 ; 高崎隆治 監修 大空社
1997.3
里村欣三著作集 里村欣三 著 ; 高崎隆治 監修 大空社
1997.3
里村欣三著作集 里村欣三 著 ; 高崎隆治 監修 大空社
1997.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想