高沖 陽造   (1906-1999)

高沖 陽造(たかおき ようぞう、1906年4月25日 - 1999年10月15日)は、日本の文芸評論家、翻訳家。 広島県生まれ。 正則英語学校卒。 1933年から西洋の文芸思想の紹介を始める。 戦後は民主主義科学者協会に所属、マルクス主義芸術理論を研究、紹介した。 [著書] 欧洲文芸の歴史的展望 ダンテからゴーリキイまで 清和書店 1934 ニイチェと現代精神 清和書店 1935 芸術学 ナウカ社 1936 文芸思想史 三笠書房 1936 (唯物論全書) 芸術学 美瑛堂 1937 戯曲論 霞ケ関書房 1947 芸術哲学 山本書店 1947 欧洲文芸思潮史 ダンテよりジイドまで 北...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカオキ ヨウゾウ
人物別名 高沖陽造
生年 1906年
没年 1999年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
キァンディド ヴォルテール 著 ; 高沖陽造 訳 ゆまに書房
2007.2
治安維持法下に生きて : 高沖陽造の証言 高沖陽造 述 ; 太田哲男 ほか編 影書房
2003.6
トォマス・ミュンツァー : 虹の旗をもてる男 フリードリッヒ・ヴォルフ 著 ; 高沖陽造 訳・解説 創樹社
1999.5
喜劇論 高沖陽造 著 創樹社
1997.1
悲劇論 高沖陽造 著 創樹社
1994.1
芸術学小辞典 : 人間が芸術にもとめるもの 高沖陽造 著 厚文社
1954
国民文学論 : これからの文学は誰が作りあげるか 民主主義科学者協会芸術部会 編 厚文社
1953
芸術学小辞典 : 人間が芸術にもとめるもの 高沖陽造 著 厚文社
1953
現代演劇論大系 山川幸世, 岡倉士朗 共編 五月書房
1950
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
戯曲論史 高沖 陽造
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想