高尾 利数   (1930-)

高尾 利数(たかお としかず、1930年 - )は、日本の宗教学者、法政大学名誉教授。 [来歴] 山梨県生まれ。 1951年茨城キリスト教短期大学卒業、1953年アブリン・キリスト教大学文学部(アメリカテキサス州)卒業、1959年東京神学大学大学院組織神学専攻修士課程修了。 茨城キリスト教短期大学専任講師、名古屋学院大学助教授、関東学院大学神学部助教授、法政大学第二教養部教授、法政大学社会学部教授、2001年3月定年退職、名誉教授。 はじめキリスト教神学を研究したが、。 [著書] キリスト教信仰序説 告白的素描 思想の科学社 1966 イエスは全共闘をどう見るか キリスト証言としての全...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカオ トシカズ
人物別名 高尾利数
生年 1930年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
世界の宗教 : 総解説 : 失われた宗教・民族の宗教・世界三大宗教がわかる。 高尾利数 他著 自由国民社
2007.5
カール・バルト著作集 カール・バルト 著 新教出版社
2007.10
カール・バルト著作集 カール・バルト 著 ; 井上良雄, 佐藤敏夫, 加藤常昭, 小川圭治, 山本和 監修 新教出版社
2006.9
世界の宗教 : 総解説 高尾利数 他著 自由国民社
2004.11
希望の神学 : キリスト教的終末論の基礎づけと帰結の研究 ユルゲン・モルトマン 著 ; 高尾利数 訳 新教出版社
2004.12
共生への道をさぐる : 異文化の融和は可能か 高尾利数 著 日本放送出版協会
2003.1
アラビア文化の遺産 ジクリト・フンケ 著 ; 高尾利数 訳 みすず書房
2003.4
清澄の日々 : ロマン諏訪中学 高尾利数 著 なとり企画広報社
2002.1
共生への道をさぐる : 異文化の融和は可能か 高尾利数 著 日本放送出版協会
2002.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想