高野 澄   (1938-)

高野 澄(たかの きよし、1938年10月1日 - )は歴史小説作家。 埼玉県生まれ。 同志社大学文学部新聞学科卒業。 立命館大学大学院文学研究科近代史専攻修了。 立命館大学助手を経て作家となる。 当初、立命館の教授だった奈良本辰也との共著が多かったが、実質高野の単著だったらしいことが、文庫化に際して単著扱いになることで分かる。 大河ドラマにあやかった著書が多かったが、近年は辻潤など近代人の伝記に力を入れている。 [著書] 忘れられた殉教者 日蓮宗不受不施派の挑戦 小学館 1972 のちライブラリー 適塾(緒方洪庵)と松下村塾(吉田松陰)凡才を英才に変えた二大私塾の教育法 祥伝社(ノン・ブッ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカノ キヨシ
人物別名 高野澄
生年 1938年
没年 -
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
京都の謎 高野澄著 祥伝社
2020.4
京都の謎 : 東京遷都その後 高野澄著 祥伝社
2020.9
大杉栄 高野澄 著 清水書院
2016.5
古典と名作で歩く本物の京都 高野澄 著 祥伝社
2016.10
井伊直政 高野澄 著 PHP研究所
2016.12
栄西 髙野澄 著 淡交社
2014.3
一番詳しい吉田松陰と松下村塾のすべて 奈良本辰也 編 Kadokawa
2014.8
伊勢神宮の謎 高野澄 著 祥伝社
2013.7
サムライガール新島八重 : 維新を駆け抜けた「烈婦」の生涯 高野澄 著 祥伝社
2012.12
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想