藤原 辰史   (1976-)

藤原 辰史(ふじはら たつし、1976年 - )は、日本の農業経済学者、京都大学人文科学研究所准教授。 専攻は、農業思想史・農業技術史。 [略歴] 北海道生まれ。 1999年京都大学総合人間学部国際文化学科卒、同大学院人間・環境学研究科博士課程中退。 2002年京都大学人文科学研究所助手、2004年5月 京都大学 人間・環境学博士 論文は 「ナチス・ドイツの有機農法 : 「自然との共生」はなぜ「民族の抹殺」に加担したのか 」。 2009年東京大学農学生命科学研究科講師。 2013年、『ナチスのキッチン』で第1回河合隼雄学芸賞を受賞。 [著書] 『ナチス・ドイツの有機農業 「自然との共生」が...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ フジワラ タツシ
人物別名 藤原辰史
生年 1976年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
農の原理の史的研究 : 「農学栄えて農業亡ぶ」再考 藤原辰史著 創元社
2021.1
言葉をもみほぐす 赤坂憲雄, 藤原辰史著 ; 新井卓写真 岩波書店
2021.2
農の原理の史的研究 : 「農学栄えて農業亡ぶ」再考 藤原辰史著 創元社
2021.1
環世界の人文学 : 生と創造の探究 石井美保 [ほか] 編著 人文書院
2021.3
環世界の人文学 : 生と創造の探究 石井美保 [ほか] 編著 人文書院
2021.3
コロナ危機と未来の選択 : パンデミック・格差・気候危機への市民社会の提言 アジア太平洋資料センター編 ; 藤原辰史 [ほか] 著 コモンズ
2021.4
「自由」の危機 : 息苦しさの正体 藤原辰史, 内田樹 [ほか著] ; 集英社新書編集部編 集英社
2021.6
ポストコロナの生命哲学 福岡伸一, 伊藤亜紗, 藤原辰史著 集英社
2021.9
コロナ後の世界を生きる : 私たちの提言 村上陽一郎編 岩波書店
2020.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想