高楠 順次郎   (1866-1945)

Wikipedia「高楠順次郎

「青空文庫」より

高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう、1866年6月29日(慶応2年5月17日) - 1945年(昭和20年)6月28日)は、戦前の仏教学者、インド学者。 1912年、帝国学士院会員。 学位は文学博士、ドクトル・フィロソフィエ(ライプツィヒ大学)など。 称号は東京帝国大学名誉教授。 1944年に文化勲章を受章。 [経歴] 広島県御調郡八幡村字篝(現三原市)の農家沢井家に7人兄弟の長男として生まれた。 幼いころから祖父に漢籍を習ったが、旧家とはいえ進学するだけの余裕はなく、14歳で小学校教員として働き始めた。 その後、近隣出身で当時西本願寺を代表する学僧であった日野義淵(足利義山の子)や是山恵...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカクス ジュンジロウ
人物別名 高楠順次郎

雪項
生年 1866年
没年 1945年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
釈尊の生涯 高楠順次郎著 筑摩書房
2019.11
経学者平賀晋民先生 澤井常四郎 [著] ; 稲田篤信 解題 二松學舍大学私立大学戦略的研究基盤形成支援事業近代日本の「知」の形成と漢学
2017.3
インド思想から仏教へ 高楠順次郎 著 書肆心水
2017.9
高楠順次郎全集 高楠順次郎 著 教育新潮社
2008.5
高楠順次郎全集 高楠順次郎 著 教育新潮社
2008.5
高楠順次郎全集 高楠順次郎 著 教育新潮社
2008.5
織田佛教大辭典 織田得能 著 ; 芳賀矢一, 高楠順次郎, 南條文雄, 上田萬年 監修 ; 大佛衞, 和田徹城, 宮坂哲宗 補修 大蔵
2005.3
アジア民族の中心思想 高楠順次郎著 吉林省档案馆
[200-]
大正新脩大蔵経 高楠順次郎 編 大正新脩大蔵経刊行会
大蔵出版
1992.1
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想