高桑 純夫   (1903-1979)

高桑純夫(たかくわ すみお、1903年6月4日-1979年5月21日)は、哲学者、評論家。 奈良県出身。 上智大学哲学科卒。 1940年陸軍士官学校教授。 中世スコラ哲学を研究するが戦後唯物論哲学に転じ主体性論争で活躍。 東京女子医科大学教授、愛知大学教授。 65年原水爆禁止国民会議事務局長。 [著書] 提要独逸小文典 南山堂書店 1936 三木哲学 哲学の本質への反省 夏目書店 1946 中世精神史序説 アウグスチヌス研究 みすず書房 1947 ヒューマニズム研究 夏目書店 1947 個性について 北隆館 1948 唯物論と主体性 国土社 1948 主体性と実存 塙...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカクワ スミオ
人物別名 高桑純夫
生年 1903年
没年 1979年
職業・経歴等 評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
スピノザ [スピノザ] [著] ; 高桑純夫, 井上庄七 他訳 河出書房新社
2004.9
近代哲学思想史要 高桑純夫 著 世界書院
1978.4
高校倫理・社会 高桑純夫, 南博, 古田光 [ほか] 著 実教
1978.1
聖トマス・アクィナス グラープマン 著 ; 高桑純夫 訳 長崎
1977.4
高校倫理・社会 高桑純夫, 南博, 古田光 [ほか] 著 実教
1977.5
高校倫理・社会 高桑純夫 [ほか] 著 実教
1974
高校倫理・社会 高桑純夫 [ほか] 著 実教
[1973]
倫理学(エティカ) ; 知性改善論 ; 政治論 スピノザ[著] ; 高桑純夫訳 ; スピノザ[著] ; 森啓訳 ; スピノザ[著] ; 井上庄七訳 河出書房新社
1972.4
高校倫理・社会 高桑純夫, 南博著 実教
1969
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想