高畠 素之   (1886-1928)

高畠 素之(たかばたけ もとゆき、1886年1月4日 - 1928年12月23日)は日本の社会思想家、哲学者。 国家社会主義を唱えた。 [人物] 旧前橋藩士の子息。 クリスチャンとなり同志社大学に入るも、途中キリスト教を捨て中退。 高崎市で社会主義雑誌『東北評論』を発刊、1908年新聞紙条例により禁固2ヶ月の刑を受け入獄、獄中で英訳の『資本論』に出合う。 1911年、売文社に入り社会主義活動に身を挺す。 1915年、堺利彦・山川均らと『新社会』発行、マルクス主義を紹介した。 特にカウツキーの『資本論解説』(原題『カール・マルクスの経済学説』)を翻訳したことは、彼のマルクス研究者としての地位を...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカバタケ モトユキ
人物別名 高畠素之
生年 1886年
没年 1928年
職業・経歴等 政治運動家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
高畠素之・遠藤友四郎・北原龍雄・森近運平・大石誠之助書簡 南丹市立文化博物館編 南丹市立文化博物館
2020.3
社会科学大系 ルイス・モルガン著 ; 高畠素之, 村尾昇一訳 日本図書センター
2008.5
社会科学大系 ルイス・モルガン著 ; 高畠素之, 村尾昇一訳 日本図書センター
2008.5
近代日本学術用語集成 - 竜渓書舎
1994.4
国家社会主義 高畠素之編 不二
1984.2
マルクス経済学解説 高畠素之 著 古明地書店
1950
マルクス経済学解説 高畠素之 著 古明地書店
1949
資本論 カール・マルクス 著 ; 高畠素之 訳 東洋書館
1949
資本論 カール・マルクス 著 ; 高畠素之 訳 東洋書館
1949
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想