高橋 正雄   (1901-1995)

高橋 正雄(たかはし まさお、1901年11月21日 - 1995年9月10日)は、日本の昭和・平成期の経済学者、社会運動家。 [略歴] 1901年 宮城県仙台市生まれ。 1922年 東京帝国大学経済学部入学(土方成美ゼミ)。 1925年 東京帝国大学経済学部卒業。 大学院入学。 1928年 九州大学法文学部経済学科助教授に就任するとともに、『労農』同人となる。 1936年 九州大学よりヨーロッパに派遣され留学する。 1939年 帰国直後に、1938年4月1日労農派教授グループ事件(第二次人民戦線事件)で検挙(逮捕)され失職する。 1940年 保釈される。 1940年~1944年 有沢広巳の...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ マサオ
人物別名 高橋正雄

Takahashi, Masao
生年 1901年
没年 1995年

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
サムエルソン経済学の研究 高橋正雄 著 勁草書房
1994.5
世界秩序の政治経済学 高橋正雄 [ほか]共著 新青
1994.4
二十世紀の群像 高橋正雄 [述] ; 高橋正雄先生米寿記念刊行会 編 第一書林
1989.11
レーガンとゴルバチョフの対話 高橋正雄 著 学文社
1988.4
マルクスとケインズとの対話 高橋正雄 著 恒文社
1988.4
レーガンとゴルバチョフの対話 高橋正雄 著 日本評論社事業出版部
1987.3
私の社会主義 高橋正雄 著 本音を語る会
1986.11
マルクスと語る 高橋正雄 著 恒文社
1984.1
共産党の秘密 高橋正雄 著 潮文社
1984.10
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想