高橋 是清   (1854-1936)

東京生まれ。政治家。幕府の御用絵師の庶子として生まれ仙台藩士の養子となる。アメリカ留学後、文部省・農商務省に出仕。明治20年(1887)特許局長となる。25年(1892)日本銀行に入行。32年(1899)日本銀行副総裁。日露戦争の外債募集に手腕を発揮し、横浜正金銀行頭取などを経て44年(1911)日本銀行総裁に就任。第1次山本、原各内閣蔵相、立憲政友会総裁を歴任し、大正10年(1921)首相となる。第2次護憲運動に参加。加藤(高)内閣の農商務相、田中(義)、犬養、斎藤、岡田各内閣の蔵相を歴任。高橋財政と呼ばれる積極的な財政政策が特徴。軍事費抑制方針を示し、軍部と対立し、2・26事件で暗殺された。

「近代日本人の肖像」より

高橋 是清(たかはし これきよ、1854年9月19日〈嘉永7年閏7月27日〉 - 1936年〈昭和11年〉2月26日)は、日本の幕末の武士(仙台藩士)、明治、大正、昭和時代初期の官僚、政治家。 立憲政友会第4代総裁。 第20代内閣総理大臣(在任 : 1921年〈大正10年〉11月13日 - 1922年〈大正11年〉6月12日)。 栄典は大勲位子爵。 幼名は和喜次(わきじ)。 財政家として知られているため総理大臣としてよりも大蔵大臣としての評価の方が高い。 [経歴] 1854年9月19日(嘉永7年閏7月27日)幕府御用絵師・川村庄右衛門(47歳)ときん(16歳)の子として、江戸芝中門前町(現在...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ コレキヨ
人物別名 高橋是清
生年 1854年
没年 1936年
職業・経歴等 官僚

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
高橋是清自伝 高橋 是清【著】;上塚 司【編】 中央公論新社
2018.3.25
高橋是清自伝 高橋 是清【著】;上塚 司【編】 中央公論新社
2018.3.25
随想録 高橋是清著 ; 上塚司編 中央公論新社
2018.4
経済論 高橋是清 著 ; 上塚司 編 中央公論新社
2013.12
随想録 高橋是清 著 中央公論新社
2010.11
高橋是清 : 立身の経路 高橋是清 著 日本図書センター
1999.2
高橋是清随想録 高橋是清 口述 ; 上塚司 聞き書き 本の森
1999.6
高橋是清の日本改造論 : "デフレ大恐慌"のいま、死中に活路を見い出す 高橋是清 遺述 ; 山崎源太郎 編 ; 矢島裕紀彦 新編 青春出版社
1998.12
高橋是清伝 高橋是清 口述 ; 上塚司 筆録 ; 矢島裕紀彦 現代語訳 小学館
1997.2
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想