高橋 和巳   (1931-1971)

高橋 和巳(たかはし かずみ、1931年8月31日 - 1971年5月3日)は、日本の小説家で中国文学者。 夫人は小説家の高橋たか子。 中国文学者として、中国古典を現代人に語る事に努める傍ら、現代社会の様々な問題について発言し、全共闘世代の間で多くの読者を得た。 左翼的な思想の持ち主ではあったが、三島由紀夫と交流するなどの人間的な幅の広さがあった。 自然科学にも関心が深く、特に、相対性理論に関する造詣が深かった。 癌で39歳の若さで他界した。 [経歴] 1931年8月 大阪市浪速区で誕生。 1944年4月 大阪府立今宮中学(現・大阪府立今宮高等学校)入学。 1945年4月 母・慶子の里の香...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカハシ カズミ
人物別名 高橋和巳
生年 1931年
没年 1971年
職業・経歴等 小説家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
黄昏の橋 高橋和巳著 小学館
2018.5
日本の悪霊 高橋和巳 著 河出書房新社
2017.6
わが解体 高橋和巳 著 河出書房新社
2017.4
我が心は石にあらず 高橋和巳 著 河出書房新社
2017.8
憂鬱なる党派 高橋和巳 著 河出書房新社
2016.7
憂鬱なる党派 高橋和巳 著 河出書房新社
2016.7
悲の器 高橋和巳 著 河出書房新社
2016.9
邪宗門 高橋和巳 著 河出書房新社
2014.8
邪宗門 高橋和巳 著 河出書房新社
2014.8
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想