高木 仁三郎   (1938-2000)

高木 仁三郎(たかぎ じんざぶろう、1938年7月18日 - 2000年10月8日)は、日本の物理学者、専門は核化学。 理学博士(東京大学)。 群馬県前橋市出身。 群馬県立前橋高等学校、東京大学理学部化学科卒業。 政府の原子力政策について自由な見地からの分析・提言を行う為、原子力業界から独立したシンクタンク・原子力資料情報室を設立、代表を務めた。 原子力発電の持続不可能性、プルトニウムの危険性などについて、専門家の立場から警告を発し続けた。 特に、地震の際の原発の危険性を予見し地震時の対策の必要性を訴えたほか、脱原発を唱え、脱原子力運動を象徴する人物でもあった。 原子力発電に対する不安、関心が...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカギ ジンザブロウ
人物別名 高木仁三郎
生年 1938年
没年 2000年
職業・経歴等 物理学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
市民の科学 高木仁三郎 [著] 講談社
2014.3
ぼくからみると 高木仁三郎 ぶん ; 片山健 え のら書店
2014.7
科学の原理と人間の原理 高木仁三郎 著 オクターブ
方丈堂
2012.3
科学とのつき合い方 高木 仁三郎【著】 河合出版
河合文化教育研究所
2012.3.20
高木仁三郎セレクション 高木仁三郎 著 ; 佐高信, 中里英章 編 岩波書店
2012.7
いま自然をどうみるか 高木仁三郎 著 白水社
2011.5
チェルノブイリ原発事故 高木仁三郎 著 七つ森書館
2011.4
食卓にあがった放射能 高木仁三郎, 渡辺美紀子 著 七つ森書館
2011.4
原子力神話からの解放 : 日本を滅ぼす九つの呪縛 高木仁三郎 著 講談社
2011.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想