高木 八尺   (1889-1984)

高木 八尺(たかぎ やさか、1889年12月25日 - 1984年4月28日)は、日本の政治学者、アメリカ研究者、政治家。 位階は従三位。 勲等は勲一等。 東京大学名誉教授、日本学士院会員。 東京帝国大学教授、太平洋問題調査会常任理事、貴族院議員、東京大学教授などを歴任した。 [来歴] 英学者・神田乃武の子として東京に生まれる。 一高、1915年、東京帝国大学卒業、新渡戸稲造、内村鑑三の影響を受ける。 1918年、母校で米国憲法・歴史及び外交講座の初代担当者となり、1933年 東京大学法学博士 「米国政治史序説 」。 1938年、教授に就任。 定年となる1950年まで米国政治史などを教えた。...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカギ ヤサカ
人物別名 高木八尺

Takagi, Yasaka
生年 1889年
没年 1984年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
リンカーン演説集 高木八尺, 斎藤光 訳 岩波書店
1992.7
人権宣言集 高木八尺 ほか編 日本点字図書館
1980.5
アメリカ古典文庫 亀井俊介編・解説 研究社
1977.8
高木八尺先生に聞く 高木八尺著 東京大学アメリカ研究資料センター
1977
American studies in Japan oral history series 東京大学教養学部アメリカ研究資料センター[編] 東京大学アメリカ研究資料センター
1977-1984
高木八尺先生米寿記念会記録 - 東京大学アメリカ研究資料センター
[1977.12はじめに]
人権宣言集 高木八尺, 末延三次, 宮沢俊義編 岩波書店
1975
ピューリタニズムとデモクラシー ラルフ・B.ペリー 著 ; 高木誠, 高木八尺 共訳 有信堂
1971
米国政治史序説 高木八尺 著 ; 解説: 斎藤真 評論社
1971
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
米国の思想 高木 八尺
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想