高木 貞敬   (1919-1997)

高木 貞敬(たかぎ さだゆき、1919年(大正8年) - 1997年(平成9年)10月11日)は、日本の神経生理学者。 京都生まれ。 1944年東京帝国大学医学部卒。 1952年「後索後根標品に見られる遲電位」で東大医学博士。 東大医学部講師、1954年群馬大学医学部生理学科教授。 1983年定年退官、名誉教授。 1976年『記憶のメカニズム』で毎日出版文化賞受賞。 [著書] 『嗅覚の話』岩波新書、1974 『記憶のメカニズム』岩波新書、1976 『子育ての大脳生理学』朝日新聞社、1980、のち選書 Human olfaction 東京大学出版会、1989 『脳を育てる』岩波新書、1996 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカギ サダユキ
人物別名 高木貞敬
生年 1919年
没年 1997年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
脳を育てる 高木貞敬 著 岩波書店
1996.10
匂いの科学 高木貞敬, 渋谷達明 編 朝倉書店
1989.9
子育ての大脳生理学 高木貞敬 著 朝日新聞社
1986.6
子育ての大脳生理学 高木貞敬著 朝日新聞社
1986.6
高木貞敬教授業績目録 [高木貞敬教授退官記念準備会編] 高木貞敬教授退官記念準備会
1984.5
子育ての大脳生理学 高木貞敬 著 朝日新聞社
1980.10
ニオイの世界 ロバート・バートン 著 ; 高木貞敬, 群馬大学医学部嗅覚研究グループ 共訳 紀伊国屋書店
1978.10
記憶のメカニズム 高木貞敬 著 岩波書店
1976
嗅覚の話 高木貞敬 著 岩波書店
1974
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

著作名 著作者名
嗅覚現象 高木 貞敬, 吉田 正昭
この人物の作品を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想