高田 忠周   (1861-1946)

高田 忠周(たかだ ただちか、文久元年5月9日(1861年6月16日) - 昭和21年(1946年)10月24日)は、日本の書家、説文学者、漢学者である。 名は忠周、字は士信、竹山・未央學人と号した。 『古籀篇』により、帝国学士院賞を受賞。 『五體字類』の監修者として広く知られる。 [経歴] 文久元年(1861年)現在の東京都新宿区牛込に生まれる。 はじめ書家を志し、明治2年(1869年)8歳にして、高斎単山の門に入って書を学び、村田直景・島崎酔山・植村蘆洲に漢学などの指導を受け、17歳にして両国薬研堀に書塾を開く。 明治17年(1884年)、勝海舟のすすめにより内閣印刷局(朝陽閣)に奉職し...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タカダ タダチカ
人物別名 高田忠周
生年 1861年
没年 1946年
職業・経歴等 言語学者
をも見よ 高田, 竹山(1861-1946)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
補正朝陽字鑑 高田忠周 著 名著普及会
1980.6
古籀篇 高田忠周 著 名著普及会
1979.10-11
大系漢字明解 高田忠周 述 富山房
1975
五体字範 高田忠周 編 国書刊行会
1974
六体千字文 高田忠周 著 国書刊行会
1974
大系漢字明解 高田忠周 著 名著刊行会
1970
補正朝陽字鑑 高田忠周 編 名著刊行会
1970
漢字詳解 高田忠周 著 名著刊行会
1969
五体字類 高田竹山 監修 西東書房
1968
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想