郭 南燕   (1962-)

郭 南燕(かく なんえん、1962年 - )は、中国の学者。 国際日本文化研究センター海外研究交流室准教授。 専攻は日本近代文学・環境文化。 [来歴・人物] 中国上海出身。 復旦大学外国語学部日本語学科卒業後、お茶の水女子大学大学院人文科学研究科日本文学修士課程に学ぶ。 修了後、同大学院人間文化研究科比較文化博士課程に学び退学。 1996年お茶の水女子大学人文科学博士、論文は「志賀文学の源流」。 オタゴ大学上級講師・准教授を経て、2008年10月より現職。 [主な著作] 『周縁地域の自己認識―津軽とオタゴの知識人を中心に―』(弘前大学出版会) 『世界の日本研究2010 日本語で書くー文学創...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カク ナンエン
人物別名 郭南燕

Guo, Nanyan
生年 1962年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
明智光秀と細川ガラシャ : 戦国を生きた父娘の虚像と実像 井上章一 [ほか] 著 筑摩書房
2020.3
ド・ロ版画の旅 : ヨーロッパから上海〜長崎への多文化的融合 郭南燕編著 創樹社美術
2019.3
ザビエルの夢を紡ぐ : 近代宣教師たちの日本語文学 郭南燕著 平凡社
2018.3
キリシタンが拓いた日本語文学 郭南燕 編著 明石書店
2017.9
志賀直哉で「世界文学」を読み解く 郭南燕 著 作品社
2016.3
バイリンガルな日本語文学 : 多言語多文化のあいだ 郭南燕 編著 三元社
2013.6
江南文化と日本 = 江南文化与日本 = Jiangnan culture and Japan : 資料・人的交流の再発掘 山田奨治, 郭南燕 編 国際日本文化研究センター
2012.3
日本語で書く : 文学創作の喜びと苦しみ 郭南燕編 国際日本文化研究センター
2011.3
周縁地域の自己認識 : 津軽とオタゴの知識人を中心に 郭南燕 編著 弘前大学出版会
2007.2
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想