板橋 拓己   (1978-)

板橋拓己(いたばし たくみ、1978年- )は、ヨーロッパ政治学者、成蹊大学准教授。 栃木県生まれ。 2001年北海道大学法学部卒業、08年同大学院法学研究科博士後期課程修了、「近代ドイツにおけるナショナリズムと「中欧」 ドイツ・ナショナリズム論の再検討」で法学博士。 北海道大学法学研究科助教、成蹊大学法学部助教、2013年准教授。 専攻は国際政治史、ヨーロッパ政治史。 [著書] 『中欧の模索 ドイツ・ナショナリズムの一系譜』創文社 2010 『アデナウアー 現代ドイツを創った政治家』中公新書 2014 共編著 『複数のヨーロッパ 欧州統合史のフロンティア』遠藤乾共編著 北海道大学出版会 2...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ イタバシ タクミ
人物別名 板橋拓己
生年 1978年
没年 -
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
ナチズムは再来するのか? : 民主主義をめぐるヴァイマル共和国の教訓 アンドレアス・ヴィルシング, ベルトルト・コーラー, ウルリヒ・ヴィルヘルム編 慶應義塾大学出版会
2019.6
試される民主主義 : 20世紀ヨーロッパの政治思想 ヤン=ヴェルナー・ミュラー著 ; 五十嵐美香 [ほか] 訳 岩波書店
2019.7
歴史のなかのドイツ外交 板橋拓己, 妹尾哲志編 ; 飯田洋介 [ほか] 著 吉田書店
2019.8
国際政治史 : 主権国家体系のあゆみ 小川浩之, 板橋拓己, 青野利彦著 有斐閣
2018.4
ポピュリズムとは何か ヤン=ヴェルナー・ミュラー 著 ; 板橋拓己 訳 岩波書店
2017.4
戦争と戦争のはざまで : E.H.カーと世界大戦 山中 仁美【著】;佐々木 雄太【監訳】;吉留 公太;山本 健;三牧 聖子;板橋 拓己;浜 由樹子【訳】 ナカニシヤ出版
2017.11.1
黒いヨーロッパ 板橋拓己 著 吉田書店
2016.9
ニュルンベルク裁判 アンネッテ・ヴァインケ 著 ; 板橋拓己 訳 中央公論新社
2015.4
ヨーロッパ統合史 遠藤乾 編 名古屋大学出版会
2014.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想