多田 智満子   (1930-2003)

多田 智満子(ただ ちまこ、1930年4月6日(戸籍上は4月1日) - 2003年1月23日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家、フランス文学者。 福岡県出身。 戸籍名、加藤智満子。 [経歴] 銀行員だった父の転勤に伴い、幼少期を京都、東京などで過ごす。 小学校5、6年で『プルタルコス英雄伝』や『平家物語』を愛読し、15歳で滋賀県愛知川沿いに戦争疎開した際にプラトン、エピクテトス、セネカなどを携えるなど、少女時代から異才を放っていた。 また、謡曲や歌舞伎にも親しんだ。 桜蔭高等女学校を卒業後、東京女子大学外国語科で学び、矢川澄子と親交を結ぶ。 卒業後に慶應義塾大学文学部英文科に編入学するも、結核...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タダ チマコ
人物別名 多田智満子
生年 1930年
没年 2003年
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
マルセル・シュオッブ全集 マルセル・シュオッブ [著] ; 大濱甫, 多田智満子, 宮下志朗, 千葉文夫, 大野多加志, 尾方邦雄 訳 国書刊行会
2015.6
木下牧子歌曲集 木下牧子 作曲 音楽之友社
2010.8
ハドリアヌス帝の回想 マルグリット・ユルスナール 著 ; 多田智満子 訳 白水社
2008.12
遊星の人 : 多田智滿子歌集 多田智滿子 著 ; 高橋睦郎 編輯 邑心文庫
2005.1
封を切ると 多田智満子 著 書肆山田
2004.1
風のかたみ : 句集 多田智満子著 ; 高橋睦郎編 邑心文庫
[2003]
風のかたみ : 句集 多田智満子 著 加藤信行
2003
犬隠しの庭 多田智満子 著 平凡社
2002.10
この私、クラウディウス ロバート・グレーヴス 著 ; 多田智満子, 赤井敏夫 訳 みすず書房
2001.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想