多田 文男   (1900-1978)

多田 文男(ただ ふみお、1900年7月3日 - 1978年3月15日)は、東京市下谷区(現在の台東区西部)出身の地理学者、地形学者。 東京大学で長く教鞭を執り、定年退官後は、法政大学、駒澤大学の専任教員を務めた。 活断層研究の先駆的研究者のひとりであり、応用地形学分野における河川地形と水害被害に関する研究を主導した。 [経歴] 東京府立第四中学校(東京都立戸山高等学校の前身)、 第八高等学校を経て、東京大学理学部地理学科に学び、山崎直方、辻村太郎の指導を受ける。 1923年 東京大学を卒業。 東京大学理学部助手に採用。 1926年 東京大学地震研究所助教授。 1930年 - 1933年 文...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ タダ フミオ
人物別名 多田文男
生年 1900年
没年 1978年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
最新地理 : 地誌 石井素介 [ほか] 著 教育
1979.1
最新地理 : 地誌 石井素介 [ほか] 著 教育
1979.1
最新地理 : 系統地理 石井素介 [ほか] 著 教育
1979.1
最新地理 : 系統地理 石井素介 [ほか] 著 教育
[1978]
地理 多田文男 [ほか] 著 教育
1977.1
地理資料A 多田文男 監修 東京学習出版社
1977.2
地理B : 地誌 石井素介 [ほか] 著 教育
1976.1
えりも海岸砂地造林基礎調査報告書 - 水利科学研究所
1975.1
地理A : 系統地理 石井素介 [ほか] 著 教育
[1973]
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想