鈴木 安蔵   (1904-1983)

鈴木 安蔵(すずき やすぞう、1904年3月3日 - 1983年8月7日)は、日本の法学者(憲法学者)・法制史家。 福島県相馬郡小高町(現・南相馬市)出身。 [概要] 戦前期は左翼学生運動での検挙、著書の発禁など不遇の時期を過ごしていたが、明治文化研究会に参加し、在野の研究者としてマルクス主義的立場から大日本帝国憲法をはじめとする憲法史・政治史を研究、特に大日本帝国憲法の成立過程の実証研究のさきがけとなった。 第二次世界大戦後は憲法研究会の発足に参加し、自らの憲法史研究をベースとして会による憲法私案「憲法草案要綱」をまとめた。 この要綱がGHQに大きな影響をあたえたことから、それをまとめる中...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スズキ ヤスゾウ
人物別名 鈴木安蔵
生年 1904年
没年 1983年
職業・経歴等 歴史学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本憲法科学の曙光 : 鈴木安蔵博士追悼論集 鈴木安蔵博士追悼論集刊行会 編 勁草書房
1987.11
日独伊防共協定前後 : 歴史の証言 鈴木安蔵 他著 新日本出版社
1980.6
近代日本の国家と思想 家永三郎教授東京教育大学退官記念論集刊行委員会 編 三省堂
1979.6
憲法学断想 鈴木安蔵著 敬文堂
1979.5
憲法制定前後 : 新憲法をめぐる激動期の記録 鈴木安蔵 著 青木書店
1977.11
昭和の戦後史 編集委員: 家永三郎 等 汐文社
1976
佐々木憲法学の研究 田畑忍 編 法律文化社
1975
日本憲法学史研究 鈴木安蔵 著 勁草書房
1975
佐々木憲法学所感 鈴木安蔵[著] 鈴木安蔵
1975.6.18
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想