陶山 務   (1895-1974)

陶山 務(すやま つとむ、1895年11月28日 - 1974年)は、日本の哲学研究者、東北学院大学名誉教授。 広島県生まれ。 青山学院高等部卒。 評論、翻訳で活動、1950年ころ東北学院大学教授、1966年、定年退職、名誉教授。 [著書] 生きることの論理 武蔵野書房 1926 新しき日への文学論 秀名社 1927 魂は哲学する アルス 1932 街頭の反テーゼ 不動書房 1933 最近社会思想の展望 弘学館書店 1933 恋愛・結婚の新座標 大都書房 1936 微風ある精神史 思索断章 建設社 1937 ニイチェ・ツァラトゥストラ読本 第一書房 1937 若き日の哲学 ...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スヤマ ツトム
人物別名 陶山務
生年 1895年
没年 1974年
職業・経歴等 哲学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
大西祝と内村鑑三 陶山務 著 笠間書院
1975
哲学概説 樫尾直次郎, 斎藤武雄, 陶山務 共編 昭学社
1963
哲学夜話 ウィル・デュラント 著 ; 陶山務 訳 早川書房
1954
独り想ふ シュライエルマヘル 著 ; 陶山務 訳 大東出版社
1949
懐疑・知識・信仰 フィヒテ 著 ; 陶山務 訳 三笠書房
1949
眞理への郷愁 陶山務著 岡倉書房
1949.6
キエルケゴールの思想と生涯 陶山務 著 壮文社
1948
キエルケゴールの言葉 ゼエレン・キェルケゴール 著 ; 陶山務 訳 日本社
1948
懐疑・知識・信仰 : 人間の本分 フィヒテ 著 ; 陶山務 訳 日本社
昭和23
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想