住谷 一彦   (1925-)

住谷 一彦(すみや かずひこ、1925年1月1日 - )は、日本の経済社会学者、立教大学名誉教授。 [人物] 経済学者・住谷悦治の子として京都市に生まれる。 弟は住谷磐。 松山中学校、旧制松山高等学校を経て、1949年東京大学文学部心理学科卒業。 名古屋大学法経学部助手、東京都立大学人文学部助手、1957年立教大学経済学部講師。 助教授を経て、1965年立教大学教授。 この間、1958-1960年ウィーン大学民族研究所に留学し、アレクサンダー・スラヴィク教授の指導を受ける。 1969年「共同体の史的構造論」で早稲田大学文学博士。 1969-1970年ケルン大学客員教授、1976年ウィーン大学...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スミヤ カズヒコ
人物別名 住谷一彦
生年 1925年
没年 -
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
マックス=ヴェーバー 住谷一彦, 小林純, 山田正範 著 清水書院
2015.9
日本文化の古層 A.スラヴィク [著] ; 住谷一彦, クライナー・ヨーゼフ訳 EBSCO
[2011?]
日本文化の古層 A. スラヴィク 著 ; 住谷一彦, クライナー・ヨーゼフ 訳 未来社
2011.4
内村鑑三 : 1861-1930 新保祐司 編 藤原書店
2011.12
日本を顧みて : 私の同時代史 住谷一彦 著 未来社
2004.7
家と家父長制 永原慶二, 住谷一彦, 鎌田浩 編 早稲田大学出版部
2003.7
歴史学派の世界 住谷一彦, 八木紀一郎 編 日本経済評論社
2003.3
マックス・ヴェーバーの新世紀 : 変容する日本社会と認識の転回 橋本努, 橋本直人, 矢野善郎 編 未来社
2000.11
南西諸島の神観念 住谷一彦, クライナー・ヨーゼフ 著 未来社
1999.7
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想