杉浦 重剛   (1855-1924)

滋賀生まれ。教育家、思想家。膳所藩の貢進生として大学南校に入学するが、制度が変わり、東京開成学校に学ぶ。在学中選抜され、明治9年(1876)イギリスに留学。15年(1882)東京大学予備門長。18年(1885)辞職後に主に在野で多彩な言論・教育活動を行う。21年(1888)に三宅雪嶺とともに政教社設立に参加、雑誌『日本人』を発刊し、国粋主義を唱える。また東京英語学校の設立、称好塾を経営し、青少年の教育に尽力した。のち東亜同文書院長等を経て、大正3年(1914)東宮御学問所御用掛となり倫理を進講した。

「近代日本人の肖像」より

杉浦 重剛(すぎうら じゅうごう、安政2年3月3日(1855年4月19日)- 大正13年(1924年2月13日)は、明治・大正時代の国粋主義的教育者・思想家。 幼名は謙次郎。 父は膳所藩の儒者杉浦重文。 近江国膳所藩(現・滋賀県大津市)出身。 若き日の昭和天皇、秩父宮雍仁親王、高松宮宣仁親王の3兄弟に帝王学の一環として倫理を進講する。 号は梅窓または天台道士。 学生時の渾名は紙魚(しみ)。 後に『人格高邁の国士』と評される。 理学宗の世界観を確立。 [経歴] 近江国膳所藩の儒者で父杉浦重文(蕉亭)と母八重の次男として生まれる。 3歳のとき、護送される頼三樹三郎を目撃する。 数え年6歳で藩校・...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スギウラ ジュウゴウ
人物別名 杉浦重剛

天台道士

杉浦天台
生年 1855年
没年 1924年
職業・経歴等 教育家
をも見よ 杉浦, 梅窓(1855-1924)

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
昭和天皇の学ばれた「倫理」 杉浦重剛 著 勉誠
2016.11
昭和天皇の学ばれた教育勅語 杉浦重剛 著 勉誠
2006.3
教育勅語 : 昭和天皇の教科書 杉浦重剛 著 勉誠
2002.10
教育勅語 : 昭和天皇の教科書 杉浦重剛 著 勉誠
2000.10
和訳英字彙 島田豊 纂訳 ; 曲直瀬愛 校訂 ゆまに書房
1995.9
杉浦重剛全集 [杉浦重剛著] ; 渡辺克夫[編] 日本学園
[1985]
倫理御進講草案 杉浦重剛 著 心交会
1984.7-9
杉浦重剛全集 明治教育史研究会 編 杉浦重剛全集刊行会
1983.2
杉浦重剛全集 明治教育史研究会 編 杉浦重剛全集刊行会
1983.5
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想