杉原 荘介   (1913-1983)

杉原 荘介(すぎはら そうすけ、1913年12月6日 - 1983年9月1日)は、昭和期日本の考古学者。 [略歴] 1913年に東京市日本橋小舟町に生まれた。 東京外国語学校仏文語科・上智大学外国語学校独語科を修了し、1943年に明治大学専門部地歴科を卒業した。 卒業とともに軍務に服し、1946年の春に復員する。 その年の4月から文部省に勤務し、国定歴史教科書『くにのあゆみ』の編輯などにあたった。 1948年から明治大学専門部助教授、翌年に同大学文学部助教授、1953年には文学部教授となる。 1959年以降は明治大学人文科学研究所長・考古学陳列館長・史学地理学科長となった。 [業績・学風]...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スギハラ ソウスケ
人物別名 杉原荘介
生年 1913年
没年 1983年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
合本土師式土器集成 杉原荘介, 大塚初重編 東京堂
1991.5
弥生式土器集成 小林 行雄;杉原 荘介【編】 東京堂出版
1989.9.5
群馬県武井における二つの石器文化 杉原荘介 著 臨川書店
1984.8
栃木県出流原における弥生時代の再葬墓群 杉原荘介 著 臨川書店
1984.8
佐賀県多久三年山における石器時代の遺跡 杉原荘介 ほか著 明治大学文学部考古学研究室
1983.3
神奈川県夏島における縄文文化初頭の貝塚 杉原荘介, 芹沢長介 著 臨川書店
1981.11
群馬県岩宿発見の石器文化 杉原荘介 著 臨川書店
1981.11
長野県上ノ平の尖頭器石器文化 杉原荘介 著 臨川書店
1981.11
北海道白滝服部台における細石器文化 杉原荘介, 戸沢充則 著 臨川書店
1981.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想