菅原 卓   (1903-1970)

菅原 卓(すがわら たかし、1903年1月15日 - 1970年5月3日)は、実業家で劇作家、演出家でもある。 菅原電気商会元社長。 東京生まれ。 内村直也の兄。 慶應義塾大学経済学部卒。 コロンビア大学で演劇を学ぶ。 岸田國士に師事し、1932年雑誌『劇作』を創刊、左翼演劇に反対して演劇の芸術性を擁護し、劇作派と呼ばれる。 1934年戯曲「北へ帰る」を発表、1939年、菅原電気商会社長となる。 戦後、1949年、ピカデリー実験劇場運営委員長に就任し、戦後の演劇復興に尽力し、1950年水谷八重子(初代)とともに現代劇運動を起こす。 1954年アーサー・ミラー『セールスマンの死』の翻訳と演出をし...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スガワラ タカシ
人物別名 菅原卓
生年 1903年
没年 1970年
職業・経歴等 実業家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
アーサー・ミラー全集 アーサー・ミラー 著 ; 倉橋健 訳 早川書房
1998.10
アーサー・ミラー全集 倉橋健 訳 早川書房
1988.11
アーサー・ミラー全集 倉橋健 訳 早川書房
1985.6
アンネの日記 アンネ・フランク原作 ; アルバート・ハケット, フランセス・G・ハケット脚色 ; 菅原卓訳 ; 由布木一平演出 劇団埼芸
[1985]
アーサー・ミラー全集 倉橋健 訳 早川書房
1984.12
戯曲アンネの日記 アルバート・ハケット, フランセス・G.ハケット 著 ; 菅原卓 訳 文芸春秋
1981.4
菅原卓の仕事 菅原卓 著 ; 菅原卓の仕事刊行会 編 早川書房
1976
るつぼ アーサー・ミラー作 ; 菅原卓訳 ; 関きよし演出 池袋小劇場
[1975]
るつぼ アーサー・ミラー作 ; 菅原卓訳 ; 渡辺浩子演出 ; 「民藝の仲間」編集部編 劇団民芸
1971.11
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想