菅沼 晃   (1934-2016)

菅沼 晃(すがぬま あきら、1934年4月 - )は、群馬県生まれの日本の仏教学者、東洋大学元学長・名誉教授。 [略歴] 1962年、東洋大学大学院博士課程中退。 1974年、「入楞伽経の思想史的研究」で文学博士。 東洋大学文学部印度哲学科教授、同短期大学学長を経て、1991年-1994年、東洋大学学長。 2005年に定年退任し、名誉教授。 [著書] 『ヒンドゥー教』(評論社、1976年) 『サンスクリットの基礎と実践』(平河出版社、1980年) 『釈迦のことば』(雄山閣出版、1982年) 『栄西・白隠のことば』(雄山閣出版、1986年) 『サンスクリット講読 インド思想篇』(平...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スガヌマ アキラ
人物別名 菅沼晃
生年 1934年
没年 2016年
職業・経歴等 仏教学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
仏典に耳を澄ませ、菩薩を学(まね)び、共に生きる 菅沼晃 著 国書刊行会
2016.7
新・サンスクリットの実践 菅沼晃 著 平河出版社
2012.12
誰でもわかる維摩経(ゆいまきょう) 菅沼晃 著 大法輪閣
2011.6
ブッダを知る事典 菅沼晃, 渡辺章悟 監修 佼成出版社
2011.9
ごくらく池のカモ 花岡大学 文 佼成出版社
2006.9
金のかんむり 花岡大学 文 佼成出版社
2006.9
ほとけさまの象 花岡大学 文 佼成出版社
2006.9
道元が叱る 菅沼晃 著 佼成出版社
2005.3
インド哲学仏教学への誘い 菅沼晃博士古稀記念論文集刊行会 編 大東出版社
2005.3
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想