菅野 沖彦   (1932-)

菅野沖彦(すがの おきひこ、1932年 - )はオーディオ評論家。 弟は、ピアニスト・菅野邦彦。 [来歴] 東京に生まれる。 朝日ソノラマ編集長、フリーの録音制作家を経て、オーディオラボを創立。 1971年、オーディオラボ・レコードを発売。 以後オーディオ評論家として日本のハイエンドオーディオ文化を半世紀以上育ててきている重鎮である。 氏の録音技術は高く評価され、優秀録音盤が数多い。 また、カリスマ性が高くローエンドオーディオ嫌いとしても知られる。 オーディオに対するスタンスはレコード演奏家を参照のこと。 [使用機器] 3系統のスピーカーシステムを構築している。 JBLの375と537‐5...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スガノ オキヒコ
人物別名 菅野沖彦
生年 1932年
没年 -
職業・経歴等 オーディオ評論家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
新レコード演奏家論 菅野沖彦 著 ステレオサウンド
2005.5
兼子 - 兼子制作委員会事務局 (全農映)
c2004
僕のオーディオ人生 菅野沖彦 著 音楽之友社
1991.8
音の素描 : 菅野沖彦オーディオ評論集 菅野沖彦 著 音楽之友社
1988.4
オーディオ羅針盤 菅野沖彦 著 音楽之友社
1985.9
オーディオQ&A 雁金達 ほか著 共同通信社
1978.6
オーディオQ&A 菅野沖彦, 瀬川冬樹, 若林駿介 著 共同通信社
1977.11
Okihiko Sugano recording collection - Japan Traditional Cultures Foundation
2012, c2012
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想