菅原 努   (1921-2010)

菅原 努(すがはら つとむ、1921年 - 2010年10月1日)は、日本の医学者、医師。 京都大学名誉教授。 [経歴] 1944年京都帝国大学医学部卒業。 50年大阪大学理学部卒。 三重大学医学部助教授、60年国立遺伝学研究所変異遺伝部副部長、61年放射線医学総合研究所室長、京都大学医学部放射能基礎医学教室初代教授。 同放射線生物研究センター長、医学部長、85年定年退官、名誉教授、国立京都病院院長。 財団法人慢性疾患・リハビリテイション研究振興財団理事長。 [著書] 『がんと闘うハイパーサーミア がんの新治療法』金芳堂 1986 『第二の人生の楽しみ』共和書院 1996 『「安全」のため...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ スガハラ ツトム
人物別名 菅原努
生年 1921年
没年 2010年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
がんと闘う温熱療法と免疫 菅原努, 畑中正一 著 東方出版
毎日健康サロン
2009.1
眼がとらえた情報がこころに与える影響 大東肇, 中井吉英 編 ; 菅原努 監修 オフィス・エム
2009.1
いのちに触れるコミュニケーション 中井吉英, 大東肇 編 ; 菅原努 監修 オフィス・エム
2009.10
放射線基礎医学 菅原努 監修 ; 青山喬, 丹羽太貫 編著 金芳堂
2008.4
モーツァルトを聴くとなぜ癒されるのか 菅原努 監修 ; 中井吉英, 大東肇 編 オフィス・エム
2008.3
香りでこころとからだを快適に 菅原努 監修 ; 中井吉英, 大東肇 編 オフィス・エム
2007.2
アメリカの政治と科学 マイケル・ガフ 編著 ; 菅原努 監訳 昭和堂
2007.3
味覚が与えてくれる安らぎの暮らし 菅原努 監修 ; 大東肇, 中井吉英 編 オフィス・エム
2007.11
慢性痛はどこまで解明されたか 菅原努 監修 ; 中井吉英 編 昭和堂
2005.4
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想