河地 修   (1951-)

河地 修(かわじ おさむ、1951年3月4日 - )は日本文学研究者である。 専攻は中古文学で、主に『伊勢物語』を中心とした研究業績がある。 [略歴・研究] 1951年に山口県に生まれる。 1971年に東洋大学に入学し、石田穣二、吉田幸一らに師事する。 1978年に博士課程を中退して同校の助手に着任。 以降、専任講師、助教授を経て、2003年から東洋大学文学部日本文学文化学科の教授を勤める。 研究対象は『伊勢物語』・『源氏物語』などを中心とした平安文学で、中古文学会に所属している。 2003年に論文集『伊勢物語論集』を上梓したほか、「阿仏尼本源氏物語」とも呼称される東洋大学蔵伝阿仏尼等筆『源...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ カワジ オサム
人物別名 河地修
生年 1951年
没年 -
職業・経歴等 文学研究者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
日本文学文化学のために 河地修 著 文学文化舎
2016.4
黎明の日本文学文化 河地修 著 文学文化舎
2016.4
古文・現代文で読む『徒然草』 [吉田兼好] [著] ; 河地修 著 河地修
2016.9
王城の日本文学文化 河地修 著 文学文化舎
2016.10
王朝文学文化史断章 河地修 著 文学文化舎
2016.7
阿仏尼本はゝき木 [紫式部] [著] ; 河地修, 古田正幸 解説・翻刻 勉誠
2008.11
伊勢物語論集 : 成立論・作品論 河地修 著 竹林舎
2003.2
源氏物語の鑑賞と基礎知識 鈴木一雄 監修 ; 河地修 編 至文堂
2002.3
常夏・篝火・野分 河地修編 至文堂
2002.3
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想