副島 種臣   (1828-1905)

佐賀生まれ。官僚、政治家。父は佐賀藩士で国学者。藩校致遠館の教授を勤めたあと、フルベッキに師事、英学を修める。維新後新政府に出仕し、福岡孝弟とともに政体書を起草。明治4年(1871)外務卿に就任。マリア・ルース号事件の折衝にあたる。6年(1873)征韓論争に敗れ、下野。翌年愛国公党の設立に加わり、板垣退助、後藤象二郎らと民撰議院設立建白書を政府に提出。のち宮中に出仕し、宮中顧問官、枢密顧問官、枢密院副議長を歴任。第1次松方内閣の内相もつとめた。

「近代日本人の肖像」より

副島 種臣(そえじま たねおみ、文政11年9月9日(1828年10月17日) - 明治38年(1905年)1月31日)は、日本の江戸時代末期(幕末)から明治時代の志士、佐賀藩士、官僚、政治家。 勲等は勲一等。 爵位は伯爵。 初名は竜種(たつたね)。 通称は次郎(じろう)。 号に蒼海(そうかい)、一々学人(いちいちがくじん)などがある。 書家としても優れた作品を残した。 [生涯] 文政11年(1828年)、佐賀藩士・枝吉南濠(忠左衛門、種彰、30石)の二男に生まれる。 父は藩校である弘道館の教授を努める国学者で、兄は同じく国学者の枝吉神陽。 母は木原宣審の娘・喜勢。 父と兄の影響により、早くか...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ ソエジマ タネオミ
人物別名 副島種臣

副島, 蒼海
生年 1828年
没年 1905年
職業・経歴等 政治家

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
九州ゆかりの先人4人展 : 梧竹、白秋、蒼海、仙厓 : 読売書法会創立二十五周年 : 九州展記念企画展 - 読売新聞社
[2008]
副島種臣全集 副島種臣 著 ; 島善高 編 慧文社
2007.10
副島種臣全集 副島種臣 著 ; 島善高 編 慧文社
2004.12
副島種臣全集 副島種臣 著 ; 島善高 編 慧文社
2004.12
蒼海副島種臣書 副島種臣 筆 ; 石川九楊 編 二玄社
2003.10
王羲之・蘭亭序 : 伝説に彩られた名蹟 : 巻頭特集 ; 副島蒼海 : 人と書を味わう : 第2特集 王羲之 [書] ; 副島蒼海 [書] 芸術新聞社
2001.2
副島種臣展 : 躍動する魂の書 副島種臣 筆 ; 佐賀県立美術館 編 佐賀県立美術館
1998.7
滄海窓問答 : 現代語訳 副島種臣 ほか述 ; 横山信行, 横山弘 訳 顕神本会
1994.5
蒼海・梧竹 佐賀県立美術館編 佐賀県立美術館
1985.8
この人物の作品が掲載されている本を検索
この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想