白木 博次   (1917-2004)

白木 博次(しらき ひろつぐ、1917年10月22日 - 2004年2月19日)は、日本の医学者。 神経病理学の国際的権威。 東京大学医学部長。 東京都出身。 [経歴] 東京帝国大学医学部教授白木正博の二男として生まれる。 父の九州帝国大学医学部への着任により福岡に転居し、福岡県中学修猷館、旧制福岡高等学校を経て、1941年12月、東京帝国大学医学部を卒業する。 太平洋戦争開戦に際して、軍医として戦艦武蔵に乗艦する。 復員後、東京大学医学部に復帰し、1950年、「原子爆弾症脳髄の病理」により医学博士の学位を受ける。 1959年3月、東京大学医学部付属脳研究所教授となる。 1964年1月、入鹿...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シラキ ヒロツグ
人物別名 白木博次
生年 1917年
没年 2004年
職業・経歴等 教員

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
戦後日本公害事件史料集成 : 坂東克彦史料 : マイクロフィルム版戦後日本公害・環境史料 坂東克彦, 平野孝編 柏書房
2003.1
全身病 : しのびよる脳・内分泌系・免疫系汚染 白木博次 著 藤原書店
2001.9
冒される日本人の脳 : ある神経病理学者の遺言 白木博次 著 藤原書店
1998.12
現代精神医学大系 懸田克躬 ほか責任編集 中山書店
1978.2
岩波講座現代都市政策 篠原一 [ほか] 執筆 岩波書店
1973
脳を守ろう 白木博次, 佐野圭司, 椿忠雄 共著 岩波書店
1968
精神機能と脳髄 内村祐之, 白木博次 [著] 中山書店
[1954.5]
精神機能と脳髄 ; 情意実験法 : レヴィン派 ; 睡眠(2) 内村祐之, 白木博次[著] ; 阿部孫四郎[著] ; 宮城音彌[著] 中山書店
1954.5
心理生理 日本応用心理学会編 中山書店
1954.6
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想