塩野谷 九十九   (1905-1983)

塩野谷 九十九(しおのや つくも、1905年10月12日 - 1983年6月4日)は、日本の経済学者。 元名古屋大学経済学部教授。 名古屋大学名誉教授。 ケインズ経済学研究の権威で、ケインズの著書『雇用・利子および貨幣の一般理論』の初代翻訳者(1941年)。 愛知県出身。 1926年名古屋高等商業学校(現名古屋大学経済学部)卒業、1930年東京商科大学(現一橋大学)卒業(高垣寅次郎門下)。 その後横浜市立横浜商業専門学校 (旧制)教授、名古屋大学経済学部教授等を歴任。 飯田経夫(名古屋大学名誉教授)、水谷研治(エコノミスト)、清水義之 (実業家)(元十六銀行頭取)、花田実(元岐阜銀行頭取)、田...

「Wikipedia」より

この人物の情報

人物名ヨミ シオノヤ ツクモ
人物別名 塩野谷九十九
生年 1905年
没年 1983年
職業・経歴等 経済学者

本の一覧

タイトル 著作者等 出版元 刊行年月
雇用・利子および貨幣の一般理論 J.M.ケインズ 著 ; 塩野谷祐一 訳 東洋経済新報社
1995.3
ケインズ全集 J・M・ケインズ著 ; 塩野谷九十九訳 東洋経済新報社
1983.12
イギリスの金本位復帰とケインズ 塩野谷九十九 著 日本出版販売
清明会出版部
1975
貨幣 R.F.ハロッド 著 ; 塩野谷九十九 訳 東洋経済新報社
1974
現代経済の新課題 住ノ江佐一郎, 篠原三代平 編 千倉書房
1974
ILO・社会保障への途 塩野谷九十九, 平石長久 訳 ; 高橋武 解説 東京大学出版会
1972
マクロ経済学 塩野谷九十九, 水野正一 編 第三
1969
ミクロ経済学 塩野谷九十九, 水野正一 編 第三
1969
ケインズ入門 塩野谷九十九 著 社会思想社
1968
この人物の作品が掲載されている本を検索

作品の一覧

この人物を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この人物と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想